「カメラ」タグアーカイブ

カメラのキホン・・・その2

連載シリーズでカメラの基本的な知識をひもとく「カメラのキホン」の第2回の今回は、一眼カメラのAF(オートフォーカス)についてお話をしていきたいと思います。

現在市販されているデジタル一眼カメラで使用されているAF方式は主に以下の2つがあります。

・位相差方式

・コントラスト方式

まず位相差方式について。

この図は位相差方式の原理の図解図です。

位相差方式では画像を記録するイメージセンサーとは別に専用のセンサーを用いて、ピントを制御します。

このファインダーの様にピントが合っている時、セパレートレンズを介したセンサー上の光の間隔は最もニュートラルな状態(図解図上)になります。

それとは対象的にピントがずれていると、光の間隔はニュートラルな位置から広くなったり狭くなった位置にずれます。このズレからレンズのピント補正量を一度に制御して合わせるのが位相差方式の方法です。

この方式のメリットは、

・高速制御に向いている

・動体撮影時の追従性がいい

などがあります。反面デメリットとしては、

・コストが比較的高い

・レンズの相性によってはピントがずれることがある

などがあります。

なお、最近ではイメージセンサー上にAF制御用のピクセルを配して制御する像面位相差という方式なども出現しており、ミラーレス一眼や一部の一眼レフカメラのライブビューモードで採用されています。

 

つぎに、コントラスト方式について。

こちらの図は、一眼レフカメラのライブビューモード時のピントが合った時の液晶モニターの画面です。

コントラスト方式は名前の通り、設定したAFフレームの位置でのコントラスト差を、ボケている(=コントラストが低い)ピントがあっている(=コントラスト高い)として、検出してピークが出るまでレンズのフォーカスを前後させながら合わせていく方式です。

主な特徴としては、

・画面全体でAFが可能

・ピント精度が高い

・ミラーレス一眼の様なコンパクト化が可能

などが挙げられます。反面、フォーカスが合うまでに時間がかかるなどのデメリットもあります。

次回はシャッタースピードと絞りの関係について取り上げたいと思います。

カメラのキホン・・・その1

本屋さんに行くと、写真関連の雑誌のコーナーに初心者むけのハウツー本がありますが、今回より始まるこのシリーズでは改めて図解を交えながらカメラの基本的な扱い方をご紹介していきたいと思います。

ミラーレスカメラ
ミラーレス一眼カメラ
一眼レフカメラ
一眼レフカメラ

 

 

 

 

 

 

時折、一眼レフカメラとミラーレス一眼レフカメラを全くの別ジャンルのカメラとして扱っているネットの話とかをよく目にします。

いずれもレンズ交換式で、レンズからの光学情報がセンサーへ導かれる一眼式という点では同じなのにどこに違いがあるのでしょうか?

 

一眼レフのマウント部
ミラーレス一眼のマウント部

 

 

 

 

 

 

この2つの写真は一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラからレンズを外して、マウント部(レンズ取り付け部分)を写したものです。一眼レフカメラは「レフ」の名称が入る通り、センサーとシャッター幕の前にファインダーや露出計などに光学情報を送るためのミラーが組み込まれています。

そして、シャッターボタンを押すと、このミラーは跳ね上がってシャッター幕が開いてセンサーが露出されて映像情報がデジタルデータに変換される仕組みとなっています(一部のメーカーのモデルではミラーがハーフミラーで固定されていたりするものもあります)。

一方、ミラーレス一眼ではシャッター幕は開いたままで、センサーが露出しています。シャッターボタンを押すと、シャッター幕が一旦閉じられ、設定された時間でシャッタ幕が動作します。

また、主たるAF(オートフォーカス)の方式も違います。一眼レフの場合はミラーから送られた光学情報を元にAF専用センサーが制御する位相差AFという方法を使用しますが、

ミラーレス一眼では出始めの頃はセンサーで得られた映像のコントラスト情報を元に制御するコントラストAFという方法を使用していました。が、最近ではセンサー上の複数のピクセル間のデータ差を利用する位相差AFという高速制御のAFが主流となっています。

AF方法の詳細な違いについては、次回お話ししたいと思います。